テラスサロン

「南風農菓舎」では、
アフタヌーンティーをお楽しみいただくための専用空間を作りました。

素晴らしい風景を見渡せるテラスサロンです。

はるかな昔、イギリスでは貴族のご婦人方は
午後にゆっくりとおしゃべりしながらお茶会を開いていたそうです。

それがフランスの貴族社会にも広まり、
最近は東京の一流ホテルなどでも人気の定番となっております。

「南風農菓舎」のアフタヌーンティーは、
都会とは異なる趣をお楽しみいただけるように、
大自然の恵みをいっぱいに取り入れました。

わが国のフランス料理界の巨匠といわれるダニエル・マルタンが
東京から通い続けてプロデュースした
「南風アフタヌーンティー」をどうぞごゆっくりお楽しみ下さいませ。

南風アフタヌーンティー
【ダニエル・マルタンの経歴】
フランス・オーベルニュ生まれ。
1987年 銀座「マキシム・ド・パリ」料理長で来日
1991年 代官山「ル・コンドン・ブルーパリ東京校」
初代校長
現在、フードプロデューサーとして世界的に活躍中

「南風アフタヌーンティー」

お一人様 3,000円
月曜・火曜日はレディースデイ
※祝祭日・繁忙期は対象外とさせていただきます。
特別価格 お一人様 2,500円
11:00〜16:00(前日までのご予約制となります)
写真は二名様分です。
上段:冷菓、フルーツ
中段:南風スコーン、マルタン・ガトー
下段:サンドウィッチ
サラダ、スープ、デザート、ハーブティー付
南風アフタヌーンティー
三段重ねのタワーはお二人分
(この他にも次々といろいろなデザートが出てきます)

朝摘み青葉ハーブティー

当店の「南風アフタヌーンティー」の
一番の主役は朝摘みの青葉ハーブティーです。

ハーブは古代の西欧では薬用として重宝がられ、また美味しくて心やカラダをいやすものとして、今日でも多くの人に親しまれています。ハーブティーといえば、ほとんどの方が乾燥したハーブしかご存知ないかもしれませんが――。

実は今、東京のある有名ホテルでは、青葉ハーブが大変人気を博しています。

お客様の席にワゴンにのせた鉢植えのハーブを運んできて目の前でハーブをちぎって淹れているのです。

そして一杯が2,000円〜3,000円です。

青葉ハーブはそれほどの価値があることがこのホテルの側でお分かりいただけることでしょう。

当店では鉢植えハーブではなく、広い畑いっぱいにハーブを所有しています。

太陽が昇ってハーブがいちばん元気な時に、青々と立派に育ったものだけを選りすぐって摘み、種類もいろいろにそろえています。

アフタヌーンティーの際には朝摘みの青葉ハーブのいろいろと籠に持ってお客様にお見せし、お好みのものを選んでいただいて、ティーに活かします。

ハーブティー
白い湯気が薫るカップ一杯の南風
ハーブ苑
11:00〜16:00
ブランチ・セット
お一人様 1,500円
ブランチ・デザート
  • 自家製無農薬サラダ
  • サンドイッチ
  • さまざまなデザート
  • 朝摘み青葉ハーブティー
(ご予約優先です)
11:00〜17:00
オースミ・レーヌ・プレート
お一人様 1,200円
オースミ・レーヌ・プレート
  • オースミ・レーヌ・プレート
  • 朝摘み青葉ハーブティー
(ご予約優先です)