「南風農菓舎(デザートハウス)

毎週水曜は定休日です。
「南風農菓舎」は、東京銀座に出店するための名称です。
地元では「デザートハウス」と呼ばれます。

1Fは

営業時間 11:00〜19:00
デザートの手作り工房、
それを販売するパティスリーです。
奥にはデザートをお楽しみ
いただけるテラスサロンです。

2Fは

営業時間 11:30〜15:00
(14:00オーダーストップ)
南フランス風のレストラン「マルタンの南風」。
フランス三ツ星シェフのダニエル・マルタンが
プロデュース。
あえて丘の急斜面に難工事も辞せずに「南風農菓舎(デザートハウス)」を建築したのは…
ただ、この「風景」のためです。ここでは日本本土の最南端の雄大な風景をお楽しみいただけます。

キッチン・ガーデンの素材を生かして!

「南風ガーデン」は、小さなリゾートでありながら、デザートやスイーツなどの素材を育てる【キッチン・ガーデン】の役割も果たしています。

キッチン・ガーデンでは、「南風農菓舎」のパティシエがスタッフと一緒にハーブやフルーツや唐芋などを育てて、一番の旬の時期に収穫。そして、その日のうちにデザートやスイーツなどを作ります。すべてが完全手作りです。

また、デザートやスイーツの創作はフランス人シェフのダニエル・マルタン氏がプロデュースしています。

ダニエル・マルタン

【ダニエル・マルタンの経歴】

フランス・オーベルニュ生まれ。
1987年 銀座「マキシム・ド・パリ」料理長で来日。
1991年 代官山「ル・コンドン・ブルーパリ東京校」初代校長
現在、フードプロデューサーとして世界的に活躍中。

どんぐり林の
湧き水を生かして

素材の良さを生かすデザートには、美味しい「水」が不可欠です。

「南風農菓舎」のすべてのデザートやスイーツなどは、どんぐり林に湧くミネラルたっぷりの自然水をいかして作ります。

ライブ感あふれる
手作り工房

たくさんは作りません。すべてが完全手作りです。

きれいに洗った素材をいかして、焼いたり、炊いたり、蒸したり、冷やしたり…さまざまな素材を融合させて、出来上がるデザートやスイーツ。

美味しくて彩りや型も良いものが出来上がっていく、その仕事の楽しさをお客様にも少しでも味わっていただきたくて工房は出来る限りガラス張りにしております。どうぞお近くまでお寄りくださいませ。

ゆったり空間の
パティスリー

お店にはご休憩用の長椅子が置いてあり、御試食やご試飲も自由にできます。どうぞゆっくりとおくつろぎくださいませ。

手作り工房の前に、出来立てのデザートやスイーツなどを販売するショーケースがあり、お手土産用やご発送用のセットも準備いたしております。

カシニョール・リトグラフ

ジャン=ピエール・カシニョールのリトグラフ

フランスの現代画壇を代表するカシニョール画伯のリトグラフが3点、「南風農菓舎」のロビーに展示されています。

これは東銀座のプランタンでカシニョール個展が開かれた時、郷原社長が直接に同画伯から購入したものです。

この時、郷原社長は「南風の丘」にふさわしいものを選びたい」と、将来の夢を語りました。

今、その3点が晴れて一堂に展示されることに――。

複製ではない本物の素晴らしさをご鑑賞くださいませ。

風景と一体になった
テラスサロン

お店の奥はテラスサロンです。

ちょっとエレガントな雰囲気かもしれませんが、素晴らしい風景をのんびりと眺めながら、美味しいデザート群をたっぷりとお楽しみくださいませ。

その日に収穫できた旬の食材を使ってお届けいたします。

月曜日・火曜日はレディースデー。

レディースの皆さまはアフタヌーンティー500円引きとなります。

時には「ハーブ講座」なども開きますので、どうぞご期待くださいませ。

木もれ陽の庭

季節を楽しむ花あそび。

木漏れ陽のゆらす風に目を細めて青ぐ空に、心が吸い寄せられてゆく…昼下がりの庭園。

「木漏れ陽の庭」は、一般の方は入れません。
アフタヌーンティーのお客様だけのプライベート・ガーデンです。

一階のウッドデッキから降りて行けます。

プライベートガーデン