『ガーデンハウス』では、デザートやスイーツなどの商品を販売しています。

それは、カラー芋ファクトリーで作る商品です。

この店とGINZA SIXおよび福岡国歳空港の両直営店の3箇所だけの限定商品です。

他では手に入りません。(ただし通販にて全国発送いたします)

ガーデンハウスのセンターで、ケーキなどを販売しています。
(お迎えしているのはチーフの四元亜美です)

パリのアートが生み出した商品群

「溶けないアイスケーキ」の決定版

南風ガーデンの商品づくりは、すべてがGINZA SIXに出店するためにスタートしました。

商品づくりのコンセプトは、南風ガーデンで育てているハーブやフルーツ、そして南風農場の多種多彩なカラー芋を素材にして、自然のままに作るということです。

それもGINZA SIXで販売するのには、高いクオリティの商品を作り出させねばならず、フランスからMOF(国家認定最優秀職人)の称号を持つダビッド・ヴィスマエル氏を招きました。

GINZA SIXのオープンまでの1年間、ヴィスマエル氏は5回にわたってわが社を訪れ、各1週間ほど滞在し、わが社のオーナーパティシエのひろはる(郷原拓東)とともに新商品づくりを手がけました。

ひろはるはすでに「溶けないアイスケーキ」を編み出していました。一方のヴィスマエル氏はフランスでアイスクリームのカリスマ的な存在ですので、 ひろはるの「溶けないアイスケーキ」をパリのアートでレベルアップしました。

大げさではなくて、こうして生まれたのが世界でも比類のないオリジナルケーキです。何卒お楽しみください。

彼は「カラー芋」に出会った!

ヴィスマエル氏はわが社を訪れた際、今前見たこともない色とりどりのカラー芋との出会い、衝撃を受けました。

「素材そのものでケーキやデザートの色を出せるとは・・・。しかも栄養ゆたかで美味しい。その上、冷やしたほうが美味しいという。 全くあり得ない。カラー芋は世界に誇るべき最高の素材だ」

商品 No.1

1口で3度おいしい、色も鮮やかな「溶けないアイスケーキ」

日本独特のスイートポテトを、ヴィスマエル氏が花の都・パリのセンスで一新しました。しかも、わが社のほこる100品種あまりのカラー芋を活かして。

ヴィスマエル氏はわが社を訪れた際、今まで見たこともない色とりどりのカラー芋との出合い、衝撃を受けました。 そして創作意欲をかきたてられ、芋の彩りを活かした三種の新しいスィートポテトを作りました。それが『アラモード』です。

あまりにも鮮やかな色彩ですが、 それはカラー芋の自然のままの色で、着色剤はまったく使っていません。もちろん、無添加です。

普通のスィートポテトと異なり、 ちょつと粋なデセール素材を添えてあるのが、フランス風のアートの見せ所。しかも1口で3度おいしい!

もちろん、これも「溶けないアイスケーキ」です。

作りたての鮮度を保つため、完成と同時に瞬間冷凍いたします。冷凍で店舗からお持ち帰りいただけます。全国発送も冷凍便でご注文いただけます。

各ご家庭の冷凍庫で1カ月はストックできます。

3品種のカラー芋で作った
カラー芋 アラモード

<紫芋のショコラベリー>

アントシアニンたっぷりの「アヤムラサキ」。
ベリー系のさわやかな薫りが特徴。
木イチゴとホワイトショコラを加えて仕上げました。

<黄金芋のアーモンドキャラメル>

大隅半島の誇る唐芋「黄金千貫」。スッキリとした後味をバニラ風味のキャラメルで仕上げました。
カリッとするアーモンド食感もお楽しみください。

<紅芋のオレンジコアントロー>

βカロチンをたっぷりと含む紅芋「紅こがね」。
柑橘の薫りが漂うその風味を最大限に引き出すためにオレンジテイストにまとめました。
3個入り 1,150円
3本入り 3,090円
商品 No.2

OSUMI RENU
オースミ・レーヌ(大隅・王妃)

ヴィスマエル氏が創った極上の宝物。南風ガーデンの素材をフランスの秘法で。
定番のボンタン

南風ガーデンのコアをなすボンタン園

ミカンの王様といわれるボンタンが、早春には有り余るほどに実ります。

ヴィスマエル氏がボンタンを素材に、独特の技術でシロップを作り、ベースのカトルカールにじっくりと染み込ませたのが「オースミ・レーヌ」です。

さらに隠し味として、大隅半島の秘境・太平洋岸の辺塚地域にのみ産するダイダイ(古来のミカン)を絞ってシロップに・・・・・・。野生の風味を添えました。

◎オースミ・レーヌはGINZA SIXのオープン前に、TV「カンブリア宮殿」で紹介されました。

季節限定のローゼル

ローゼルは、ナイル川流域を原産地とするハーブです。その昔、クレオパトラがハーブティーとして愛飲していたとか。アントシアニンやビタミンCがたっぷりの健康機能性をたたえています。

南風ガーデンでは早くからローゼルを栽培して、ティーやデザートとして活用してきました。

ヴィスマエル氏はローゼルから独特の技法でシロップを作り、ケーキにしみこませました。

クレオパトラを偲ばせるような赤紫の豪奢なケーキです。

大隅半島の王妃
オースミ・レーヌ
(数量限定)

もちろん、これも「溶けないアイスケーキ」です。

作りたてを瞬間冷凍して新鮮さを保ちます。防腐剤を入れていませんので、冷凍いたします。

冷凍のままお持ち帰りまたは発送していただき、ご自身の冷凍庫でストックできます。

1本入り 1,450円
1本入り 1,450円
2本セット 2,900円

◎特別なご贈答用に2本セットの「木箱」を
準備しております。(箱代700円)

商品 No.3

TORORI BAKED SWEET POTETO
とろ~り焼芋

プリンではありません。2種の焼き芋が溶けこむ「健康」デザートです。

南風農場では150品種ほどのカラー芋を栽培していますが、その中で自慢の品種を2つ選ぶとしたら「紅はやと」と「紅はるか」です。

紅はやとは30年あまり前、鹿児島県指宿市の国立農試で開発された品種で、わが社が真っ先に導入し、今日まで守り続けています。 天然カロチンの王様といわれて、当初はブームとなりましたが、今では何故か希少品種となっています。

今回、新商品を作る主体として登場してもらうことに――。

紅はるかは10年ほど前、宮崎県都城市の国立農試で開発され、これも真っ先にわが社が導入しました。 今日までいろいろ活用してきましたが、いつの間にか世間では大ブームが起きて、特に関東一円では??の原料として大々的に活用されています。

今回、新商品を作るのにこの紅はるかにも登場してもらいました。

両方とも名称に「紅」とついている通り、色どり鮮やかな紅系の?です。

焼き芋と言っても、焼き方が違います

わが社では、フランス製の「   」で芋を焼きます。これは本来ケーキやデザートを作るためのマシンです。 じっくり焼きながら途中で蒸気を吹き付けますので、芋もじっくりとまんべんなく焼けて、まるでクリームのようになります。

これをまるごと生クリームやゼリーと融合したのが「とろ~り焼芋」です。

お求めになる方はいろいろです。

おやつとして、おみやげとして・・・。でも、もっとお求めの動機は幅広くて、健康食として、美容食として、離乳食として、介護職として、毎日欠かせない品といわれています。

作りたての鮮度を保つため、完成と同時に瞬間冷凍いたします。冷凍で店舗からお持ち帰りいただけます。全国発送も冷凍便でご注文いただけます。

各ご家庭の冷凍庫で1カ月はストックできます。


ひろはるハイライト

ひろはる(郷原拓東)はオーナーパティシエです。

少年時代からケーキ作りが好きだった彼は、父親の経営する会社のカラー芋畑や工房に入りびたっていました。

東京農大を出たのち、辻製菓学校に入り、その後、菓子機械メーカーで修業、神戸の製菓工場の立ち上げに参画しました。 その後フランスに遊学したりして、大隅半島にUターン。大隅半島農林文化村の社長となり、南風ガーデンを母体にGINZA SIX出店を手がけました。 そして次に福岡国際空港にも出店することになり、新しく「カラー芋ファクトリー」の建設を思い立ちました。これはプライベートブランドを追求するためのアトリエ的なファクトリーです。

ひろはるの第1号ヒット商品

少年時代からカラー芋のことを知っている彼がさっそく取り組んだのが、カラー芋を生かした商品づくりです。それもおなじみの焼芋を生かしたシンプルそのものの商品を作り出しました。

いま幅広い人々に愛される「とろ~り焼芋」は彼の思いがたっぷりとこもった作品です。


商品 No.4

福岡空港は国際化の時代に対応して、大きく生まれ変わりました。

航空システムだけでなく、ターミナルビルも大改装され、地下鉄と直結する2階工リアに「SWEETS HALL」がオープンしました。

ここには九州一円から選抜された和・洋スイーツ専門店が14店舗が並んでいます。まさに九州の誇る晴舞台に、わが南国ガーテンの支店、南風農菓舎も登場しました。

このオープンのために、わが社のオーナーパティシエ郷原拓東は新商品を創作しました。世界でも類例のない色とりどりの100品種以上のカラー芋を栽培している直営農場から、 特別なカラー芋を選りすぐって、他では手に入らない素材を生かしました。

それにチョコレートなどスイーツやデザートの素材を、フランスの技術によって溶け合わせました。

もちろん、カラー芋の美味しさ、風味、栄養分などを失わない自然のままに新鮮なケーキですから、作りたてを瞬間冷凍しております。

・・・・・・その名は「カラー芋・ボンボン」・・・・・・。